Matchæologist®ができるまで #1 

Follow Matchæologist® on
Instagram Facebook

 

推測するに、あなたはきっとセンスの良いものを探しあてる嗅覚や、優れた感覚をお持ちなのだと思います。
そうでなければまだ誰にも知られていない私たちを探し当てることは難しいはずだからです。

私たちとしてはそのように優れた感覚の持ち主に見つけていただけてとても嬉しいのです!ありがとうございます。

今日は私たちについて少し話をさせてください。
興味を持っていただけるかドキドキしますね。
ブランドの創始者の話をしてみますね。

 

Matchæologist®(抹茶オロジスト)はイギリスのロンドンで生まれました。
アメリカやイギリスで教育を受けシンガポールで暮らすなど、世界各地を渡り歩いていた創始者はこのブランドが生まれる数年前、ある目的を持って日本を訪れました。
日本になぜ訪れたかというと、仏教の僧侶になる修行をするためです。
しかし彼は全く日本語をしゃべりませんでした。
修行に来たというのに、日本語を習得することもなく英語だけで過ごしていたのです。
しかし修行はすればするほど、日本のことを知ろうとすればするほど、日本語が必要になってきます。
そんなに簡単に僧侶になれるものではありません。しばらくその深遠な世界で修行を重ねておりました。
が、ついに彼は僧侶になることを辞めて別の道を歩むことにしました。

ところで、修行や瞑想の前に抹茶を飲むことがあるのをご存知でしたか?
覚醒と集中と沈静の効果がある抹茶は、修行の前にぴったりですね。
また、「茶禅一味(ちゃぜんいちみ)」という言葉もあるように、禅と茶の繋がりはとても深いものです。

そんなこともあり、ご縁があって抹茶の世界と出会ったのです。
そこからまた数年、彼は日本にいて日本のお茶業界に従事し、特に抹茶とその文化や歴史の素晴らしさに魅了されました。
幼少期から世界の各地で過ごしいろんな国のお茶を嗜んでいましたが、抹茶に纏わる技術はもはや芸術だと感じました。
しかし関わっていくうちに、こんなに素晴らしいものなのに日本での需要が一向に増えないことを危惧し始めました。
「このままではこの文化も伝統も継承されないまま消滅してしまうかもしれない」。
不安を覚えた彼は自身でブランドを立ち上げ世界の人々に抹茶の素晴らしさを伝えていくことで日本の文化や産業を守ろうと決心したのです。

しかし「日本の伝統文化、産業を守り継承する」ためにどうするべきか?頭を悩ませました。
「どうやって人々に伝えていくべきだろうか?」
「どうすれば継承していけるのだろうか?」

次回は目的を果たすために創始者がとった策をご紹介します。

 

2018 8月, 21